2007年10月21日

ポール・マッカートニーの泥沼離婚協議、約59億円慰謝料で決着か


その他芸能情報
アカデミー賞ノミネート6度、デボラ・カー死去、86歳

ロンドン──名作映画「地上(ここ)より永遠に」や「王様と私」などに出演し、6度にわたってアカデミー主演女優賞にノミネートされた英女優、デボラ・カーさんが18日、英国東部サフォークで亡くなった。86歳。カーさんはパーキンソン病を患っていた。


スコットランドに生まれ、イングランドで育つ。5歳のころからダンスを始め、17歳でバレーの初舞台を踏む。その後、演劇に転向し、ロンドンの劇場などに出演。英BBCで子供向けの朗読番組や映画の端役などをこなす。


第一次世界大戦中は英国の映画に出演。1946年に、クラーク・ゲーブルの相手役に抜擢され、米国での活動が本格的になる。


映画「EDWARD MY SON」で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされると、その後は「地上(ここ)より永遠に」、ミュージカル映画「王様と私」、「白い砂」「旅路」サンダウナーズ」で同主演女優賞にノミネートされた。


しかし、一度も受賞にはいたらず、アカデミー賞を主宰する映画芸術科学アカデミーは1994年に、名誉賞を授与した。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61746001

この記事へのトラックバック

TOP記事へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。