2007年08月19日

欽ちゃんが24時間マラソンスタートをしましたが、大変だったようです

 日本テレビ・読売系「24時間テレビ30『愛は地球を救う』」の24時間チャリティーマラソンに挑戦するタレントの萩本欽一(66)が18日、70キロ先のゴール・日本武道館に向けて、神奈川県内からスタートした。

今年で30回目を迎える日本テレビ系=中京テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」(18−19日)で番組最年長のチャリティーマラソン走者、萩本欽一(66)が目標の70キロ完走を宣誓!? 「ゴール(東京・日本武道館)を目指します」と意気込んでいる。

 番組開始(午後6時30分)直後のスタートを目前に17日は走り込みをせず、自宅で休養をとった。

 直近の練習では「体力の消耗が違う」と暑さを心配していたというが、坂道では独特の“欽ちゃん走り”が「足が前に出て距離が出る」とも明かした。沿道からの声援を力に変えて完走に全力投球だ


 応援に駆けつけたコント55号の相棒・坂上二郎(73)による「飛びます 飛びます」のコールと号砲を合図に、午後6時58分。勢いよく飛び出した。最近の酷暑から一転、この日は曇り空でスタート時も気温25度。「今日くらいの曇りなら、武道館に余裕で到着して、その分皇居の周りを2、3周回ってくるかも」と、強気な一面も。

 今回の挑戦には、ヘビースモーカーであることから、禁煙学会から「医学的に非常識」との忠告も受けた。年齢、気候的にも厳しい挑戦であるが「どんなことがあっても完走しなくちゃね。応援してくれるみんなのためにね、と思っているよ」と固い決意を披露した。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51954147

この記事へのトラックバック

TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。