2007年06月16日

戦争漫画の名作「はだしのゲン」が初めてテレビドラマ化、中井貴一&石田ゆり子が主演

あの衝撃的な戦争漫画の名作「はだしのゲン」が初めてテレビドラマ化されることになったそうです。

管理人は、この「はだしのゲン」のコミックを見てあまりの戦争の、そして原子爆弾の恐ろしさを思い知らされました。

このテレビドラマは、全ての人々にみてほしいです。

そして、戦争のむごさ、核兵器の廃絶に世論が動いていってくれればと思う次第です。



フジテレビがテノール歌手、秋川雅史(39)の大ヒット曲「千の風になって」をモチーフにスペシャルドラマを制作する夏の大型企画で実現するということです。

被爆前後の広島を舞台に、懸命に生きる家族の姿を描く。主演は中井貴一(45)、石田ゆり子(37)、少年ゲンはオーディションで決まった小林廉=れん=(10)。

8月10、11日(後9・0)に2夜連続放送されます。


はだしのゲン
 漫画家、中沢啓治氏(68)の被爆体験をもとにした自伝的物語。昭和48年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始された。単行本全10巻はさまざまな出版社から発行され、累計は約650万部。英語、ドイツ語、フランス語などに翻訳され全世界で読まれている。51、52、55年に実写映画化され、58、61にアニメ映画化、平成元年にテレビアニメになった。


大型ドラマ3本を制作−「千の風になって」をテーマソング

 昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」で秋川雅史が歌い、現在ミリオンヒット目前の「千の風になって」。フジは同曲をテーマソングとし、「生と死、命」を描く実話をもとにした大型ドラマ3本を制作。うち、1本は視聴者の“千の風になって”体験を映像化するドキュメンタリー・ドラマ。3884通の応募の中から、このほど、九州在住の40代男性が寄せたエピソードに決定した。8月3日放送。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45037402

この記事へのトラックバック


Excerpt: 戦争漫画戦争漫画(せんそうまんが)は、戦争を主な題材とした漫画作品。実際にあった戦争を題材にし、ある程度の史実性を盛り込んだものは戦記漫画と呼ばれる。1960年代には第二次世界大戦をモチーフにした戦記..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2007-11-06 13:47

TOP記事へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。